【スポンサーリンク】

心エコー検査って?

心エコー検査とは、心臓の動きをそのまま見る検査です。

 

不整脈の検査には心電図を用いますが、
不整脈が引き起こす心臓疾患を診断する方法のひとつとして、
妊娠中にお腹の赤ちゃんの様子を検査するために行う
腹部エコーと同じもので、胸に超音波発信機を当てて検査します。

心エコー検査

発信機と皮膚の間に隙間が生じないよう、
ゼリーを塗って密着させます。

 

検査時間は20〜30分ほどで、同時に心電図を取ることもあります。

 

心エコー検査は、超音波が胸から、
心臓の筋肉や弁に当たってはね返り、そのはね返った超音波を
受診することで、心臓の像を作るものです。

 

レントゲンなどと違い、
放射線による被ばくの心配がない検査方法なので、
妊婦や乳幼児でも安心です。

 

心エコー検査では、心臓の大きさや形、動き方がわかります。
また、心臓の壁の厚さもわかります。

 

一般的に、心臓は弱くなると拡大することがわかっています。
そして心臓の壁も厚く肥大します。

 

心臓の検査で、心臓の大きさや壁の厚さ、
形を判断するのは重要なことなのです。

心筋梗塞の診断にもなる

心臓の動き方は、心筋梗塞の診断をするのに重要です。
梗塞が起こって収縮しない心筋の場所や、
その範囲がわかります。

 

心エコーからは、血液が流れる速度や方向もわかり
心臓の弁の疾患を判断する材料になります。

 

心臓弁は、心臓の血液の逆流を防ぐものです。
心臓は4つの部屋に分かれており、
正常なら血液はこの4つの部屋を1方向に流れます。

 

ところがこの弁に問題があると、血液が逆流したり滞ったりします。

 

弁がうまく機能せずに血液が逆流することを弁逆流、
弁が開きにくくなって
血液がスムーズに流れないことを弁狭窄(べんきょうさく)と言います。

 

このように、弁がうまく機能していない状態を弁膜症と言います。

 

心エコーでわかる血液の流れは、
このような弁膜症の診断に役立ちます。

 

また、この弁の形もエコーによって判断することができます。

 

心エコー検査で心肥大や心筋梗塞、
弁膜症などの可能性がある異常が見られたら、
胸部X線検査などの精密検査をする場合があります。

関連ページ

誘導心電図検査とは?
誘導心電図の検査は何をするのかについて。
24時間心電図検査とは?
24時間心電図(ホルター心電図)はどんなことをするのかについて。
運動負荷心電図とは?
運動負荷心電図検査はどんなことをするのかについて。

注目記事