【スポンサーリンク】

房室ブロックってなに?

房室ブロックは、
心房から心室への電気信号の伝導がブロックされるため、
心室の興奮が遅れたり、欠落したりして、脈が遅くなる状態です。

 

正常な心臓の場合、ペースメーカーである洞結節から
電気興奮が発生して心房に伝わり、
房室伝導系という電気通路を通って、
ポンプである心室に電気興奮が到達します。

房室ブロック

ブロックの程度が軽ければ、ときどき電気信号が途絶える程度ですが、
ブロックの程度が強ければ、一定の時間、心臓が収縮しなくなるので、
危険な状態になることもあります。

 

ブロックの程度によって、症状がまったくないものから、
強く出るものまで様々です。

 

脈が1拍抜ける程度であれば、まったく症状はありません。

 

心房から心室への伝導が数拍以上とか、
連続して途絶えるようになると、血液の流れが悪くなり、
息切れや疲労感といった症状があらわれます。

 

ひどい場合には、脳の血流が不足し、めまい、気が遠くなる
などの症状があらわれ、気を失ったりすることもあります。

 

また、房室ブロックの起こり方には、持続性のものと
時々あらわれるもの(一過性、間欠性)があります。

良性と悪性

房室ブロックには、良性と悪性があるため、
12誘導心電図検査やホルター心電図検査を受けて、
どちらであるかを診断してもらいましょう。

 

健康診断や人間ドックなどで、
診断される場合のほとんどは良性が多く、
症状もない場合は特に心配ありません。

 

一方、悪性の房室ブロックは、生命に悪影響があり、
心臓が停止する可能性もあります。

 

悪性と診断された場合は、できるだけ早く入院して、
検査・治療を受けてください。

 

悪性の房室ブロックは、
検査によって心臓病や服用中の薬といった
原因が明らかになる場合があり、
原因を取り除くことで正常になることもあります。

 

しかし、半数以上は原因が明らかでなく、加齢が原因とされています。

 

この場合の唯一の治療法は、恒常的なペースメーカーの植込みです。
心臓が停止した時に、機械が代わりに電気信号を送ることによって、
長時間の心停止を防ぎ、突然死を回避してくれるのです。

関連ページ

呼吸性不整脈とは?
呼吸性不整脈について。
徐脈性不整脈とは?
徐脈性不整脈について。
頻脈性不整脈とは?
頻脈性不整脈について。
期外収縮とは?
期外収縮とは何かについて。
心房細動とは?
心房細動について。
心房粗動とは?
心房粗動(しんぼうそどう)について。
発作性上室性頻脈とは?
発作性上室性頻脈(上室頻拍)について。
WPW症候群とは?
WPW症候群について。
心室頻拍と心室細動とは?
心室頻拍と心室細動について。
洞不全症候群とは?
洞不全症候群について。
ブルガダ症候群とは?
ブルガダ症候群について。

注目記事